赤ちゃんを待たせない、泣かせない

水の安全を保つ努力

家族みんなで日々安全な水を飲みたいと誰もが思います。
そんなとき、ウォーターサーバの水が安全であることは大前提となります。

各メーカーでは、定期的に水質検査を行うことで利用者の不安の解消につなげています。
結果を常に公開、更新し、利用者にチェックしてもらうことで水の安全性をアピールし、品質の保持に努めているところもあります。

また、徹底した衛生管理のもと、ボトルを洗浄したり、水をボトリングしたりする工場などでも、雑菌が入らないように品質を保つための厳しい基準が設けられています。

6年前の震災があってからは、放射能検査が取り入れられるようになりました。
常に高い品質の水を提供できるよう各社とも尽力しています。

どの容器を選ぶか?

ウォーターサーバの水の入った容器もいろいろあります。
主にはワンウェイボトル、リターナブルボトル、ウォーターパックの3種類となります。
何が違うのでしょうか?

ワンウェイボトルは、使い切りのボトルで衛生的です。
リサイクルゴミとして捨てられるので保管する場所を考えなくて良くなります。

リターナブルボトルは、ボトル洗浄をすることで再利用するのでゴミが出ません。
不在のときも希望のところに置いてもらえ、ワンウェイボトルより安い傾向があります。

ウォーターパックは、なんといっても軽いのが特徴です。
交換する時に楽ですし、手軽に捨てられます。

配達されたときに置く場所が確保できるか、使い終わった時にどう処分するのかによって「どのタイプの容器にするか」という観点からもウォーターサーバを選ぶこともできそうです。


▲ TOPへ戻る